其中庵


其中庵(ごちゅうあん)
 
   山頭火の暮らしていた「其中庵」を、当時親しく訪ねていた
  近木黎々火氏による見取り図を元に平成4年に復元した建物です。

    山頭火をしのんで訪れる人々のために、無料開放しています。
 建物の横には、山頭火の師、荻原井泉水の筆による、
 「はるかぜのはちのこひとつ」(原句「春風の鉢の子一つ」)の句碑と、
 東屋、そして奥に山頭火の使用していた井戸があります。

  ※其中庵の名の由来・・・法華経の中の『普門品(ふもんぼん)』にある
  「其中一人作是証言(ごちゅういちにんさくぜしょうげん)」という語から
    取られています。




■其中庵休憩所
 
  其中庵を訪れる人のために無料開放しています。
 21畳敷の和室があります。

※お知らせ
 エアコンは故障のため、使用できません。
 ご迷惑をおかけして申し訳ありません

※当施設は占有しての使用はできません。皆様で譲り合ってご利用ください。